新入社員は素直でなければいけません

新入社員がやってはいけない行動とはなんでしょうか。新入社員にこれからなる人も新入社員を迎える先輩になる方も気になるところですよね。

社会人としてのルールやマナーはもちろん覚えて身につけなればなりませんがそれ以外でやってはいけないNG行動は必ずあります。

実際に私も新入社員の頃はまずは仕事のことを覚えたり社会人としてのマナーなどを身につけることに必死になっていましたが、新入社員がやってはいけないダメな行動については頭に入っていませんでした。

そのため私がそのつもりがなくても上司を怒らせてしまったりいい結果が出なかったりかなり苦しめられました。

ですので、新人でやってはいけない行動を知っておくのと知らないのとでは全然違います。

そこで今回は私の実体験を踏まえて新入社員がやってはいけないNG行動をアドバイスしたいと思います。少しでもあなたのお悩みが解決できればと思います。

新入社員がやってはいけないNGな行動、それはつまり「素直にならない」ということだと思います。

学生の頃は先輩な立場だった頃も新入社員になるとまだ社会人の卵です。よく新入社員は上司や企業から注意されたこと、指摘されたことに対して素直に聞き入れない傾向があるようです。

私もその一人でした。無意識に上司に抵抗をしてよく怒られた記憶があります。上司などからの指摘などを素直に聞き入れることでまず自分の力になり、そこから学べることはたくさんあります。

あなたの今までの経験ももちろん役に立つでしょう。しかし社会人としてのマナーやルール、仕事についてのことは絶対に上司の方が知っていますし考えや行動も上です。

むやみに抵抗せずにまずは素直に指摘されたことを受け入れて実践してみることが成長を早める第一歩だと思います。そこから自分なりの工夫が思いつき、自分なりの仕事ができるようになるのです。

素直になることでたくさん吸収できることが増えます。ぜひ試してみてください。